ABOUT

全国各地で医療現場の困りごとを解決しようとする動きが広がっています。中には解決するアイデアはあるのに費用を捻出することができない「あともう一歩」というプロジェクトがあります。また、費用を捻出できたとしても、解決するアイデアを形にして困っている現場に届けることができないこともあります。こうした「あともう一歩」を後押しできる仕組みはないかと考えた末に、未来医療ファンディング&マネジメントを立ち上げました。

医療現場の困りごとを解決するものづくり-−。ここで生まれた製品を困っている現場に届けるところまで手伝うのが私たちの役目です。私たちは、この取り組みをご支援くださる皆さまから寄付やクラウドファンディングにより広く資金を募り、その資金をもって臨床医学の発展に貢献する新たな医療機器等の研究開発及び普及を促進してまいります。

There is a growing movement to overcome medical challenges across the country and worldwide. Despite the fact that there are great ideas to address medical needs, sometimes it is challenging to raise funds for these ventures. Even when fundraising is successful, medical pioneers are often confronted with difficulties to realize these ideas due to lack of expertise in research and development or because they are unable to deliver to those in need. We established MIRAI Medtech Funding & Management Association to actualize providing medtech solutions to overcome these medical challenges through collaborative efforts between medical professionals and technologists. Our members are experts in this area.

Manufacturing that overcomes medical challenges—. Our mission is to realize these medtech solutions by providing strategic planning and comprehensive support from fundraising all the way to delivering solutions to those who are in need. We will raise funds widely through donations and crowdfunding from those who support our initiatives. With these funds, we promote research and development to address needs that will contribute to the advancement of clinical medicine.

プロジェクトの選定基準について

私たちのもとへ数々の相談ごとが寄せられます。その中からプロジェクトを立ち上げていくのですが、全てに対応することは難しく、「技術的に実現可能性がある」「患者さんが待っている」あるいは「ある病気の手術ができるドクターが増える」など、研究が研究でおわらず、必ず世の中で必要としている人に届けることが「あともう一歩」で可能になる相談ごとを選んでいます。

医療現場の困りごとは、甲乙をつけられるものではありません。製品開発の規模の大小に関わらず、一緒に取り組んでまいります。

We receive many requests for consultations from various parties. Our expert team investigates these requests to determine whether they meet criteria such as “technically feasible”, “improves patients’ QoL (Quality of Life)”, or “advancement of surgical techniques” in order to make their selection. Projects we launch are not ones that merely end with the research stage but ones that overcome medical obstacles. Regardless of the scale of product development, MIRAI Medtech forms a team for individual projects and works collaboratively towards the realization of those projects.

会社概要
法人名:一般社団法人 未来医療ファンディング&マネジメント
代表者:代表理事 柏野 聡彦
設立:2019年4月1日
住所:東京都港区高輪二丁目16番4号STOCK3階

Association
MIRAI Medtech Funding & Management Association
Representative Director, Toshihiko Kashino
STOCK 3F, 2-16-4 Takanawa, Minato-ku, Tokyo 108-0074, Japan
創業メンバー
代表理事:柏野 聡彦(一般社団法人日本医工ものづくりコモンズ 専務理事)
専務理事:寺尾 章(株式会社日本医工研究所 代表取締役)
理事:片山 真一(税理士法人サンハーツ 税理士)
事務局長:長谷川 裕美(株式会社日本医工研究所 取締役 広報戦略責任者)

Starting member
Representative Director, Toshihiko Kashino
Executive Director, Akira Terao
Director, Shinichi Katayama
Secretary General, Hiromi Hasegawa